MBTウォーキングショップ横浜元町店・横須賀中央店 ページ先頭です。
ホーム › 機能紹介

機能紹介

 

|| MBTシューズ 。それは靴ではない“靴”。

MBTシューズの特徴

MBT(エムビーティー)シューズの正式名称はマサイ・ベアフット・テクノロジー、つまりアフリカのマサイ族が裸足で歩く仕組みを実現する技術がつまった靴といえます。マサイ族は狩りのために一日100キロ歩くことがあり、腰痛や肩こりに悩まされている人が皆無と言われています。それに引き換え、先進国と言われるエリアの人々の多くは、腰痛や肩こりで悩まされているのが現状です。

その違いはなんでしょうか? 

その理由は恐らく、アフリカの大地を裸足で歩くマサイ族と、平らな地面を靴で歩く、我々の歩き方と姿勢・歩き方が根本的に異なるからだといえます。彼らは少し不安定な大地を歩くことで、安定した歩き方、立ち方を体得しているわけです。

我々もそのような環境で歩くことができないだろうか?

こうした考えのもと、不安定な大地を靴で表現できるように、MBTシューズは開発されました。MBT独自に開発された特殊な靴底構造が、あえて不安定な状況を造り出し、身体が本来持つ姿勢を維持する筋肉を覚醒させるのです。それはいわゆる足を固定し安定させる発想の従来の靴とは異なるものであり、まさに「靴ではない”靴”」、あたらしい歩行ツールなのです。


心地よいけど、少し不安定。
まるで砂地を歩くような履き心地です。

 

|| MBTシューズの仕組み

MBTシューズは、あえて不安定になるように加工された靴底で、人間が本来もつ身体の機能を活性化します。

特に踵の部分が沈み込むようにできており、後ろ方向に対して若干の不安定感があります。そしてその後方への不安定感から姿勢が真っ直ぐに伸び、全身の関節が正しいポジションになることで、関節面や筋肉の負担を軽減します。
また、今まで使っていなかった筋肉が呼び起こされ、全身の筋肉がバランスよく使われるようになります。

|| MBTシューズと他社のバランス系シューズの違い。それは “姿勢へのこだわり”

MBTシューズが不安定さから身体の筋肉を活性化させる技術を世界で初めて開発したのは今から15年前のこと。

最近では同じようなコンセプトの靴が多く見受けられるようになってきました。

「履くだけで脚線美がつくられる」「履くだけで脂肪を燃焼」 ・・・・

確かにこうした相乗効果も期待できることは事実ですが、MBTの本来の目的は

関節に無理のない姿勢や歩き方を身につけること。

もともとMBTは腰痛や肩こりに悩んでいる人のためにスイスで開発されました。

MBTの踵が沈み込む動きは、単なる不安定さを生み出すためではなく、踵が沈み込むことによって、

膝が伸び、上体が起き上がるという、身体の自然な連鎖をもたらすように意図されたものです。

ただただ不安定な靴は余計な筋肉をつかい、かえって疲れてしまいます。

MBTが不安定でありながら疲れにくいのは、履くだけで身体がもっとも安定するポジションに導かれるように

設計されているからです。そしてMBTが動かそうとしているのは、まさにそうした姿勢の維持に使われるような

コアなインナーマッスルといえるでしょう。

そして、歩き方。

MBTは常に科学的な研究とともに、MBTが考えるもっとも理想的な歩き方を追求しています。

MBTが対面販売にこだわり、MBTの歩行トレーナーの資格者にしか販売させないのもこれが理由です。

MBTの歩行理論は、基本的な部分は大きく変わりませんが、つねに最新の研究結果とともに修正されています。

この歩行指導は、MBTを履いているかたであれば、誰でも受けつづけることができますし、

MBTをはじめて履いていただくときには、必ず歩行指導を受けていただきます。

MBTを履いて本当に身体によい歩き方を身に着けてください。

 

|| MBTシューズで期待できる効果

MBTは靴の開発の際に、その効果の客観的な評価、MBTが実際に身体にもたらす効果について、

つねに学際的な研究機関とともに研究しつづけてきました。

そして、これまでの研究から、以下のような効果が報告されています。

(カルガリー大学他多数)

  • ・姿勢と歩行の改善と、それに伴う腰痛・肩こりの改善
  • ・腹筋・背筋・臀筋の強化、眠っていた筋力(インナーマッスルなど)の活性化
  • ・消費カロリーの増加によるダイエット効果
  • ・ふくらはぎやハムストリングスの運動率向上による、血行増進・むくみの改善

また全身の筋肉のバランスがよくなることで、スポーツのパフォーマンス向上に寄与するといわれています。

※こうした研究結果は、全ての方にその効果を保証するものではありません。

 

このページの先頭へ